在宅介護を受けるには

在宅介護の問題で大きく話題になったグッドウィルサービス。介護保険はよく耳にするけれど一体具体的にどうなってるのと関心を持たれた方も多いのではないでしょうか? 在宅介護やデイケアサービス、訪問介護に介護施設、言葉はいろいろと飛び交っていても実際にまだ関係の無い世代には何のことやらさっぱり分からないですよね。 でも街中を見てみると、いろんな車には「○○デイサービス」「○○訪問介護」そんな言葉を書いた車がいたるところに走っています。その台数もどんどん多くなって来ていますよ。

そして支払った介護保険ですが、年齢によって被保険者、第一号と第二号に分かれて、受けれる介護も違うようです。 在宅介護が必要になった時ですが、在宅ケアや訪問介護サービスをしてるセンターに連絡してその必要性を確認、その後市町村へ連絡、そして申請、認定と手順を踏まえてやっとこさ介護保険は適用されるそうです。しかも年に一回か半年に一回かの更新が必要だそうです。 一度要介護状態になった人が介護不要まで復活する事ってあるんでしょうか?それなら復活出来た人のみ「介護保険が不要になりました」の申請に行けばいいと私は思うんですけどねー。
請求は絶対に忘れないけど、いざそれを支払うとなると細かい書類の提出をたくさん出させるお上の方針、本当にうんざりですよね。 現在の介護保険の自己負担は1割だそうです。1割だからと言ってあれもこれもと頼んでいたら「上限金額」になってしまうので注意が必要ですよ。 身内が要介護や要支援状態になってしまうと言うのは本当に大変な事だと思います。でももし出来るなら自宅にてゆっくりさせてあげたいと思いますよね。そのためにも在宅介護が今後も充実して行けばと思います。
ニチイ学館 ホームヘルパー ユニクロ バイト fx 売り

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。